育児

赤ちゃんの肌は乾燥しやすい?プルプル肌を守る絶対やるべき完全対策

乾燥肌と言えば

大人の女性に多いですよね?

 

でも、赤ちゃんの肌も

乾燥肌になることを

知っていますか?

 

 

赤ちゃんと言えば誰もが憧れる

モチモチでプルプルの肌。

 

ちょっとした原因で赤ちゃんも

乾燥肌になってしまいます。

 

今回は赤ちゃんの肌を守る、

乾燥肌対策を紹介します。

 

[adsense]

 

実は意外と乾燥しやすい赤ちゃん肌!乾燥予防にするべきこととは

 

何故、柔らかな赤ちゃんの肌が

乾燥するのでしょうか?

 

その理由は赤ちゃん独特の肌が

原因になる場合もあるのです。

 

 

生まれたての赤ちゃんから

3ヶ月程度は皮脂の分泌量は多いので、

あまり乾燥肌で悩むことがありません。

 

ですが、4ヶ月以降は

残念ながら皮脂の分泌量が

減ってしまうのです。

 

 

さらに大人と違って、

皮脂膜が薄く未発達な状態な為に

乾燥肌になってしまうと言われています。

 

大人のように乾燥肌対策に

簡単に市販のスキンケアグッズを使うことも、

デリケートな赤ちゃんの肌では考えものです。

 

 

大人は乾燥肌になって痒くても

我慢することができますが、

赤ちゃんは乾燥肌で皮膚に痒みを伴うと

掻き毟ってしまうのです。

 

コレが一番、注意したいところです。

 

掻き毟ったことにより

デリケートで繊細な赤ちゃんの皮膚は傷がつき、

ウイルスを体の中に取り入れてしまう、

という事もあります。

 

 

肌は炎症して酷い肌荒れを

起こしてしまうのです。

 

体の中に菌を取り込んでしまうことで、

肌荒れ以上に風邪を引きやすくなったり、

下痢を引き起こすこともあります。

 

赤ちゃんは大人のように

自分で伝えることも出来ませんし、

当然ケアをすることは出来ませんよね?

 

赤ちゃんの乾燥肌が酷くなる前に

乾燥予防をしましょう。

 

赤ちゃんの乾燥肌予防対策

  • お風呂で乾燥させないようにしましょう。
  • ベビーオイルやローションを使いましょう。
  • とにかく保湿するようにしましょう。

 

 

赤ちゃんをお風呂に入れるとき、要注意です。

 

石鹸やボディーソープで赤ちゃんの肌を洗うと、

刺激が強くて乾燥してしまう場合もあります。

 

大人の石鹸やボディーソープではなく

赤ちゃん専用の物を選んでみてください。

 

 

また40℃以上のお湯だと

赤ちゃんには少し熱すぎてしまいます。

 

必要以上に皮脂を落とすことが原因で

乾燥肌を引き起こすこともあります。

 

乾燥が酷い赤ちゃんは

ベビーローションベビーオイル

利用しましょう。

 

 

よくシッカロールなどパウダーを

赤ちゃんに付けることがありますが、

パウダーはアセモや湿疹に効果的なだけで

乾燥予防ではありません。

 

ベビーローションやオイルは

皮膚全体に馴染み浸透するので、

乾燥肌にはおすすめです。

 

 

赤ちゃんの乾燥肌対策で欠かせないことは

保湿をすることです。

 

これは大人でも言えることですが、

入浴後はドンドン水分が蒸発してしまいます。

 

特に赤ちゃんは大人よりも

皮膚が薄いことで乾燥しやくなるのです。

 

入浴後は5分以内にローションを

塗って服を着せてあげましょう。

 

>>保湿成分が95%以上のミルクベビーローション

 

服は乾燥しにくいコットン100%素材

通気性良いものを選んであげると、

皮膚トラブルもなく、

赤ちゃんの肌を守ることができます。

 

 

赤ちゃんの肌ケアだけじゃない!環境もしっかり見直そう

 

 

赤ちゃんの乾燥肌を防ぐ為に

肌ケアは大事ですよね。

 

でも、意外と日常生活でも

乾燥してしまう原因は隠れています。

 

 

赤ちゃんは、ほぼ家で

過ごすことが多いですよね。

 

お部屋の環境は大丈夫でしょうか?

 

 

  • 部屋が乾燥している

 

冬場は特に

赤ちゃんが風邪を引かないように

暖房を付けていることも多いですよね。

 

お部屋が乾燥していると赤ちゃんの肌も

乾燥してしまう原因になります。

 

 

赤ちゃんがいる部屋や

寝ている部屋には加湿器

置くようにしましょう。

 

加湿器を1台置くだけで

赤ちゃんの乾燥肌は

守ることができますよ。

 

 

 

また、空調が直接あたらないように

心がけてくださいね。

 

 

  • 服装

 

赤ちゃんは、ほぼ1日中寝ています。

 

赤ちゃんの肌着や衣服は

通気性の良いものでしょうか?

 

肌触りが良い素材じゃないと

赤ちゃんは肌トラブルを

起こしやすくなります。

 

ムレることで赤ちゃんが

掻いてしまうこともあります。

 

 

夏場であればアセモやムレを気にするあまり、

薄着にさせてしまうことがあります。

 

あまり肌を露出させてしまうと

逆に乾燥肌になる原因に繋がります。

 

肌触りの良い素材の肌着や衣服を選び、

肌を露出させないようにしましょう。

 

 

  • 不必要な外出

 

実は、外出することが赤ちゃんの肌を

乾燥させてしまう原因になることもあります。

 

赤ちゃんのデリケートな肌に

刺激を与えてしまうこともあるのです。

 

 

外出するときはベビーローションを塗って

乾燥しないように肌を守ってあげましょう。

 

外出中に赤ちゃんの汗を拭くことがあれば、

その都度、ローションを塗って

保湿してあげることがおすすめです。

 

 

まとめ

 

赤ちゃんだからこそ、

大人にはない柔らかなモチ肌。

 

でも、赤ちゃんだからこそ皮膚が薄く、

皮脂も少ないのです。

 

それだけデリケートで繊細な赤ちゃんの肌は

少しの刺激で乾燥肌になってしまいます。

 

乾燥肌から掻くことで傷口ができ、

細菌が入り込むと炎症を起こしてしまい、

単純に乾燥肌とは言えなくなってしまいます。

 

 

赤ちゃんの乾燥肌は放置せずに

対策して予防をしてあげましょう。

 

放置することで後々、

大きな問題になるかもしれません。

 

あまり酷い赤ちゃんの乾燥肌は

市販の薬やローションを使用せずに、

小児科や皮膚科に受診するようにしてください。