おでかけ

下呂温泉冬花火2018の開催日程と打上げ時間!混雑状況と駐車場情報も

日本の三大名湯の1つ、下呂温泉で観る冬の花火!

下呂市が大々的に宣伝しているので、目にした方もいるかもですね。

冬の下呂温泉で花火を?

と思うかも知れませんが、これが意外に風情があるんです。

 


出典:下呂市公式観光サイト・下呂たび

 

[adsense]

 

花火大会概要

 

毎年1月~3月の毎週土曜日に開催されています。

 

打上げ時間は20:00~20:15です。

 

時間が短いうえ、目玉となる大きな花火はありません。

 

ですが!月ごとにテーマがありまして、

 

それを感じなから鑑賞できるのは、他の花火大会には無い醍醐味です。

 

ちなみに、下呂温泉花火ミュージカル開催日は打ち上げ時間が30分となり、

 

プロジェクションマッピングが導入されるそうです。

 

花火と3Dの融合ってすごいのか?

 

 

交通アクセスについて

交通手段ですが、

 

電車で行く場合

 

JR下呂駅から会場の下呂大橋まで徒歩10分強。

 

道はなだらかな傾斜になっています。山間に向かって登って行きます。

 

また、温泉地なので、足湯や湧き温泉が大橋までにあります。

 

ちょっとひと休みもいいかも。

 

 

車で行く場合

 

中央自動車道 中津川インターから1時間強。

 

下呂市街にコンビニはありますが、車では入りにくい立地が多く感じました。

 

山間なので坂道が多く、車両がスレ違うのもヒヤリとしたり、コンビニの駐車場が満車だったり。

 

ですので、旅館や花火大会会場に着く前にコンビニやスーパーを見つけたら、積極的な利用をオススメします。

 

下呂市観光案内・交通アクセス

 

 

駐車場について

 

近隣に市営駐車場があって、最初の1時間は無料です。

 

その後は以下の通りです。

 

7~19時/30分/100円

19~7時/1時間/100円

 

民間の駐車場は、すみません、地図上から発見出来ませんでした。

 

以前に下呂へ行った際は旅館へ泊まりました。

 

その際にも、民間の駐車場は見かけなかった印象です。

 

もしかしたら看板は景観を損なわないように目立たない様にしてあったのかも知れません。

 

[adsense]

 

花火大会の混雑状況は?

 

下呂大橋の長さは200mほどで、花火の打ち上げ時には混雑します。

 

ですが、何千人規模では無いので、

 

デパ地下の催し物に来ている感覚的な混雑です。

 

岐阜県の下呂温泉での花火大会は山間での開催ですので、

 

階段の様に連なった各旅館から眺めることが可能です。

 

各旅館もビューポイント部屋を紹介しています。

 

部屋からのんびり鑑賞できるのはリッチで優雅ですが、やや割高な料金です。

 

ビューポイント部屋と違う部屋では5000円くらいの差があります。

 

そこを割高と感じるか、否かは花火大会へかける気持ちの差ですかね。

 

 

また、ビューポイント部屋でなくても旅館などから観られると思いますが、

 

部屋の立地上、気持ち良く鑑賞が出来なかったり、

 

花火が見切れたりしてしまうかも知れません。

 

下呂大橋の河畔から花火が打ち上げられますので、

 

20:00~20:15は旅館の浴衣を着て、

 

風情ある街並みから花火を眺めることを推します。

 

 

穴場はココです

 

『白鷺橋(シラサギバシ)』です。

 

下呂駅から山間へ向かい、

 

打ち上げ花火会場の下呂大橋を通り抜けた「白鷺橋」は下呂温泉地の中心部に位置しています。

 

普段の人通りは多いですが、

 

花火大会を眺めるにはやや遠いので、打ち上げ時にはそれほど混雑しません。

 

花火大会会場の下呂大橋より混雑を避けて鑑賞したい方にはオススメです。

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

冬の澄んだ空気の季節に観る花火は、美しさも増してそうですよね!

 

もはや花火大会は夏だけのイベントではないのです。

 

下呂市内の風情が漂う場所から眺めてみませんか?

 

きっと、日本三大名湯の1つ、下呂温泉で観る花火大会は、大切な思い出になるはずです。

 

ちなみに、残りの三大名湯は兵庫の有馬温泉と群馬の草津温泉です。

 

どちらも花火大会が開催されるようです。

 

[adsense]