おでかけ

百段階段展2017のイベント開催期間と入場料や見学時間は?【目黒雅叙園】

東京都指定有形文化財「百段階段」

とても細かな螺鈿細工や彫刻を見たく行って参りましたので、

簡単ではありますがレビューします。

 

組子や欄間の浮彫など、実際に見ることで

過去の建築技術がいかに素晴らしかったかいっそう実感できました。

 

また、季節ごとにイベントを行っているので、

文化財と催事の両方を楽しめます。

JR目黒駅からアクセスが良いのも魅力的ですね!

 


出典:http://www.hotelgajoen-tokyo.com/100dan

 

[adsense]

 

見学時間や入場料金について

 

見学できる時間(開園閉・園時間)はイベントによって変わります。

 

現在開催中のイベントはこちら

 

「和のあかり×百段階段展2017」

 

開催期間

2017年7月1日(土)~ 8月27日(日)

 

開催時間

【月~木曜日】 10:00 – 18:00(最終入館 17:30)

【金・土・日・祝】10:00 – 20:00(最終入館 19:30)

 

会  場

ホテル雅叙園東京

東京都指定有形文化財 「百段階段」

 

昨年、百段階段企画展史上最高の9万人を動員した恒例企画。

祭り・アート・職人・サブカルチャーをテーマにし、

青森のねぶたなどが、あかりを落とした文化財をやさしく照らし出します。

引用:http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/wanoakari

 

 

文化財の百段階段は通常非公開の場所ですが、

 

催事や食事つきのガイドツアーで見ることが出来ます。

 

なので、事前に開催日を確認しておきましょう。

 

8月27日(日)に「和のあかり×百段階段展2017」が終了すると、

 

9月26日(火)からは「いけばな×百段階段2017」が開催されます。

 

ホテル雅叙園・イベント
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event

 

 

イベントは当日券1,500円で入場出来ます。

 

前売り券の事前購入か、WEBクーポンの使用をおススメします。

 

前売り券はイベント開催前までしか購入できませんが、

 

1,000円とかなりお得です。

 

 

食事つきのガイドツアーはディナーだと高い(8,000円~15,000円)のですが、

 

入場券付ランチセットは3,800円~5,600円。

 

でも私は、比較的混まない午前中に自由見学してきました(笑)

 

[adsense]

 

交通アクセスについて

 

JR目黒駅西口から徒歩3分で目黒雅叙園に到着します。

 

行人坂を下るのが一番近いルートですが、坂が急です。

 

時間が合えば目黒駅からシャトルバスを利用した方がいいでしょう。

 

シャトルバスは無料の送迎バスなので

 

バス停がないため駅前で「見つけたら乗車」という感じです。

 

バスは目黒駅東口なので注意しましょう。

 

グーグルマップではこちら

 

混雑状況は?

 

雛まつり展や和のあかり展は人気の催事なので非常に混みます。

 

なので開園の10時を狙って行った方が良いでしょう。

 

他のイベントはあまり気にしなくて大丈夫だと思います。

 

見どころはここ!

 

開催している企画展も楽しいと思いますが、

 

一番は百段階段の建築を見てほしいです。

 

各部屋の欄間の花鳥画や美人画も素晴らしいですが、

 

1枚板から彫っている季節の行事の作品はとても見ごたえのある作りであり、

 

使用されている木材も高価なものだとスタッフの方から聞きました。

 

豪華絢爛な部屋もあるので圧巻です。

 

現在では到底再現できないそうです。

 

 

エスカレーターはありません・・

 

本当に100段の階段を上ります。

 

階段の途中に7つの部屋があり、見ながら上へ行き、また降りてきます。

 

もちろん文化財なので、手すりはあってもエスカレータはありません・・・。

 

私が行ったときは、入場後「階段のぼれない!」と騒いでいる方がいました…。

 

 

まとめ

 

季節の催事はとても素敵なものばかりです。

 

催事を見ながら百段階段の建築を楽しむのが良いと思います。

 

また、見学のあとは「パンドラ」というカフェで滝をみながらお茶を楽しむのがおススメです。

 

目黒雅叙園内にある招きの大門(パブリックスペース)もとても素敵な空間なので見てみてください。

 

[adsense]