おでかけ

家事効率アップ!現役プロ主婦が実践しているマル秘効率化テク伝授!

子育てに共働きをしている主婦にとって

自分の為の時間なんて全くできない!

 

 

たしかに家事と仕事の両立は

大変ですよね。

 

仕事は休日を与えられますが、

家事に休日はありません。

 

 

でも、家事は自分自身の考え方ヒトツで、

どうにでもなるものです。

 

家事の司令塔は自分自身だからです。

 

 

もっと賢く時間を使って

家事の無駄を省いてみませんか?

 

現役プロ主婦が実践している

マル秘テクニックを紹介します。

家事の無駄をチェック!意外な落とし穴で無駄な時間が!?

家事は毎日必ずしなくてはいけないもの。

 

でも実は、毎日しなくてはならないものと

しなくては良いものがあります。

 

日常的に毎日行うことで家事が

義務感になってしまっているのです。

 

 

  • 休日に全ての家事を行う
  • 仕事前や午前中に家事を全て行う
  • 毎日、手作り料理を作る

 

これらの気持ちが家事を分担する

という考えを省いてしまっています。

 

特に家事をまとめてやらないといけない朝や

午前中に行うこと。

 

 

朝は家族の食事作りや見送りなどで

1時間が30分に感じることがありますよね?

 

特に、午前中に時間をしぼると

朝7時に起床しても

5時間程度しかありません。

 

 

そのうち家族全員が出勤するまでを考えれば、

2時間もありません。

 

この2時間は朝食作り、お弁当作り、

身支度で追われてしまいます。

 

残り午前中で掃除や洗濯を加えたら

座る時間もないのです。

 

 

休日であっても午前中に全ての家事を

終わらせようとしていませんか?

 

午後は買物、食事の準備、

洗濯の取り込み、アイロン掛け、

家計簿等の事務作業。

 

1日の家事動線が当たり前に

義務感になっているのです。

 

 

まずは家事の無駄を無くす為に、

するべき家事を

ノートに書き出してみてください。

 

やるべき家事をノートに書き出すことで

午前と午後に再度分けましょう。

 

 

そして休日にやるべきことと、

日常的にやることを分けます。

 

午前中にやるべきこと

午前中は時間が限られています。

 

朝食作り、身支度、お弁当作りは欠かせません

 

 

午後は帰宅してから寝る前の時間です。

 

洗濯、掃除、夕飯作りにしぼることができます。

 

 

その中でも毎日しないといけないこと、

極端な話、食事と洗濯です。

 

一日置きでも良い家事は、

日常の掃除、お風呂掃除、

家計簿等の事務作業です。

 

 

一度、自分が毎日行っている家事を

改めて書くことで、時間に偏って

家事を行っていることが分かります。

 

毎日、必ずしなくてはいけない家事は

意外と少ないものです。

 

現役主婦が実践している!家事を効率化する5つのステップ

実際に家事を書き出し、

家事の偏りが分かれば

次は1つにかかる家事の時間を

短くすることです。

 

特に食事作りや洗濯は時間が

大幅に省くことができます。

 

 

家事効率をアップする5つのステップを紹介

 

 

  1. 料理は休日にまとめて作り置きをする

 

料理を毎日手間かけて

作る時間を省くことができれば、

かなり自分の時間が確保できます。

 

料理は毎日作るのではなく、

休日にまとめて作ってしまいましょう。

 

 

野菜はカットして煮込み物等は、

タッパーに詰めて冷凍保存しましょう。

 

毎日の料理は電子レンジや

炊飯器を利用することで

料理時間も短くなる。

 

ガスの前に長時間立つ

ストレスもなくなり、

料理を温めている間に

ティータイムができますよ。

 

 

  1. 買物はまとめてネットスーパーを利用する

 

毎日の買物は面倒ですよね。

 

ほぼ大手スーパーは

ネットで注文することができます。

 

自宅まで届けてくれることで

買物の時間を省くことができます。

 

 

毎回買物をしていることで

必要じゃないものまで

特売で購入することがあります。

 

メニューを決めてまとめて購入することで

予算内に抑えることができます。

 

 

特に、ネットスーパーは、

まとめて購入することで

送料無料になります。

 

1週間分のメニューを決めて、

ネットスーパーでまとめ買いをすることで、

毎日の買物が週に4回程度で

済ますことができますよ。

 

 

  1. 洗濯は夜に行う

 

洗濯は午前中にしなくてはいけない!

と思っている主婦は多いですよね。

 

洗濯は時間がない午前中よりも

時間がある夜に行うべき。

 

 

洗濯は渇いてから、

たたむまでに時間がかかるものです。

 

例えば入浴前に洗濯機を回し、

入浴後に洗濯が終ります。

 

その後、浴室乾燥と同時に洗濯物を干せば

午前中には渇いています。

 

 

特に白い衣服は

日光に当てて干すことで

衣服ヤケの原因にもなるものです。

 

仕事に帰ってきてから衣服をたたむことで

効率良く洗濯時間を時短できます。

 

 

  1. 掃除は曜日ごとに部屋を決める

 

例えばトイレやリビング、寝室、子供部屋と

曜日ごとに掃除する日を決めます。

 

まとめて1日で終わらせようとするから

時間がなくなるのです。

 

 

リビングは家族全員が集まる場所で

汚れやすい場所ですよね、

 

そんなときはワイパーモップを

立てかけて置くことで

気がついたときに、

床掃除が簡単にできます。

 

 

  1. お風呂掃除は入浴タイムに行う

 

主婦は最後にお風呂に入ることも

多いと思います。

 

入浴中に出来るお風呂掃除をしましょう。

 

最後は湯を抜きながら

バスタブの中を掃除して、

シャワーで壁に水をかけて

乾燥しておけばOKです。

まとめ

毎日、仕事に家事に追われていることは

ストレスも溜まりやすくなります。

 

特に、家事は全くしなくても

良い休日はないのです。

 

 

家事が負担になってしまうと

1日のサイクルが乱れてしまいます。

 

逆に家事が負担にならないことでユトリができ、

毎日が楽しく過ごせます。

 

 

主婦である以上、

家事がなくなることはありません。

 

自分のユトリは家事の効率化で

作ることができます。

 

是非、実践してみてくださいね。