育児

子育てのストレスから抑うつ状態に!無理しない立ち直り方とは?

子育てのストレスが高じて、

不眠・イライラ・倦怠感・

不安感が強くなった・・・

 

もしかしてそれは

抑うつ状態になっている、

かもしれません。

 

 

原因がないのに、

気分が落ち込むのがうつ。

 

だけど、子育てがつらくて、

つらくてたまらないなど、

原因がはっきりしている場合は、

「抑うつ状態」と言います。

 

 

私は育児の辛さから、

抑うつ状態になったことがあります。

 

その際に、自分がもう一度、

育児をしたいと思えるまでに

なった経緯をお話ししていきます。

 

 

[adsense]

 

まずは自己判断せず、病院へ

 

心療内科はまだしも、

精神科受診するのは、

抵抗がある、恥ずかしい、

という方は多いと思います。

 

だけど自己判断で、

症状を悪化させては元も子もありません。

 

 

精神科に行くことは決して、

恥ずかしいことではありません。

 

体の調子が悪いときに、

病院へ行くことと同じです。

 

心だって、調子が悪くなる時が

あって当たり前です。

 

 

敷居が高い、嫌だと思われる

かもしれませんが、その辛い状態が、

医師の処方してくれる一錠の薬で、

解決するかもしれません。

 

最近、おかしいな…と思ったら、

悪化する前に、精神科もしくは

心療内科を受診しましょう。

 

 

周囲の理解を得ましょう

 

あなた自身も抵抗があるように、

パートナーや親でも、

あなたの精神科受診やうつ状態に

拒否反応がある可能性もあります。

 

「気のせいだ」

「母親としての自覚が足りない」

など、辛い言葉を投げかけられることも

あるかもしれません。

 

 

だけど、子育ては実際に経験しないと

分かりません。

 

それに育児の大変さは、

経験者同士であっても、

お子さんの育てやすさ、

育てづらさなどの要因で、

感じ方が異なります。

 

 

「つらい」ではなく、具体的に

・寝不足で頭が痛くてつらい

・子供の泣き声を聞いているのがつらい

・外出できないのがつらい

 

など、具体的に説明すると理解が得やすいと思います。

 

 

ただうつ状態の時に、

周囲を説得することは、

とてもしんどい作業です。

 

ですので、あまりにも理解が得られず、

限界を感じるようであれば無理せずに、

医師から説明してもらいましょう。

 

病院のパンフレットなどを見せるのも、

有効だと思います。

 

[adsense]

 

とにかく育児と離れる

 

原因ははっきりしています。

 

あなたは育児に疲れてしまったのです。

 

 

原因が取り除かれない限り、

抑うつ状態は続きます。

 

なので周囲の理解を得ながら、

できる限り育児から遠ざかりましょう。

 

 

親御さんに預かってもらう時間を増やすもよし、

パートナーに面倒をみてもらう時間を増やすもよし、

公的サービスを利用して、

お子さんを預かってもらうのもよし。

 

公立の保育園だったら、疾病を理由に、

預かってもらうことも可能です。

 

 

「待機するのでは?」

と思われるかもしれませんが、

ママが疾病の場合、

保育園入園の優先順位は高くなります。

 

とにかく育児から遠ざかり、

自分の心と体を休めることを

最優先してください。

 

 

イライラして、

不安定な状態で育児をすることは、

お子さんのためにもなりません。

 

なので利用できるサービスはフル活用して、

お子さんと自分自身のために、

休息を優先してください。

 

 

正しい「休養」とは?

 

医師からも「休養・休息」を

勧められると思いますが、

じゃあ、「休養」って何でしょう?

 

一般的なイメージは、

布団に入って眠っていることだと思います。

 

 

ですが、正しい「休養」の仕方は、

寝ていることではありません。

 

好きなことだけをして、

したくないことはしないでください。

 

 

眠りたかったら眠り、

本を読みたかったら読み、

外出したかったらすることです。

 

そういった意味でも、

パートナーの理解は必要不可欠です。

 

 

周囲の接し方

 

パートナーや家族が抑うつ状態になった時に、

一番よくないことは本人を責めたり、

励ますことです。

 

 

「頑張ろう」

とつい励ましたくなりますが、

あなたのパートナーや家族は、

「頑張り過ぎた」から

抑うつ状態になっています。

 

それなので頑張ったことを評価し、

ゆっくり休養させてあげてください。

 

 

決して責めたり、

急かしたりしないでください。

 

抑うつ状態になってしまったあなたは、

人一倍頑張り屋さんなのです。

 

 

一般的に

うつになりやすい性格の方は、

真面目で責任感が強い人だと言われています。

 

なので、それまでできていたことが

辛くてできないことで、

自分を責めてしまう方も多いと思います。

 

 

ですが自分とお子さんのために

必要な休養なのです。

 

決して焦らず、

自分を責めないでください。

 

心が元気になった時、あなたはもう一度、

お子さんを愛せるようになりますし、

お子さんに向き合えます!

 

[adsense]