生活

視力低下は40代から始まる!?今すぐ始めるべき目の老化予防4つの方法

40歳を超えた頃から

目がかすんでいるような

視力が低下しているように感じることが

日々の生活の中で起きてきます。

 

今まで視力には問題がなかったり、

メガネを使用すれば

充分に見えていた物が、

段々と見えづらくなってくる。

 

それは目の水晶体の弾力性が

低下してしまうことや、

ピント調節機能が

低下しているからのようです。

 

 

まだ老眼鏡は必要ない、使いたくない、

と、たいていの人は思うかもしれません。

 

ですが程度の軽い時に

いろいろと心掛けることで、

視力の低下からくる不快な症状にも

対処できます。

 

 

[adsense]

 

目の老化は40歳よりも前から始まっている!?

 

目の機能としては、

水晶体の老化は15歳くらいから始まります。

 

そして40歳頃にはほとんどの人が

目にこれまでと違った違和感を覚えます。

 

体が人それぞれ違うように

目の老化も30歳で気づく人もいれば

50歳でも感じない人もいるようです。

 

 

実は、すでに老化が始まっていても

普段細かい字を多く見なかったり、

パソコンやスマホで酷使していない場合には

気づくのが遅くなるということもあるようです。

 

 

近くの物だけに焦点が合わなくなったと感じれば

老眼かもしれないと考えます。

 

 

ですが夕方など、

辺りが薄暗いので見えにくいとか

目が疲れることなど他の症状も老眼の症状ですが

気づかない場合もあります。

 

目が疲れることによって

頭痛や肩こりが酷くなっていることもあります。

 

 

目の老化は水晶体や

ピントを合わせる筋肉の問題と思われます。

 

ですが体のあちらこちらに出てくる老化現象と同じで

加齢によって血行不良や自律神経のバランスが

崩れたりしています。

 

 

加齢と肉体疲労や精神的な疲労や

栄養や睡眠の不足も原因になります。

 

目は血液が、とても必要になるので

体の全体的な疲れから血行が悪くなり

目の機能が低下してしまいます。

 

[adsense]

 

若いうちから始めるべき!目の老化予防4つの方法

 

すでに15歳くらいから

目の機能の低下が始まっています。

 

ですので早いうちから

日常的に目に気を使うことで

老化予防ができます。

 

 

体の老化を防ぐ方法にプラスして

目も労るようにしてみましょう。

 

 

目の休息

 

最近は若い人でもスマホの見過ぎで

スマホ老眼になる人もいます。

 

それは目を酷使することが

目には一番悪いということになります。

 

 

パソコン・スマホ・読書など

長時間何かに集中して目を使う事が多い。

 

そんな時には、できれば15分に1回

少し遠くを見るだけでも

目の筋肉(毛様体筋)がほぐれます。

 

 

1時間以上は見続けないようにして

目から離して目のまわりのツボを押す。

 

こういった対策をしてマッサージして

しばらく休めるようにします。

 

 

ホットパックや目を温める物で

温めて血行を良くすることで

目の疲れを取ることもできます。

 

 

適度な運動・食事や生活習慣を見直す

 

毎日、体をほぐして

いろいろな部分を動かすことで

全身の血行がよくなります。

 

食事もバランスよくし、

体にストレスをかけるような飲酒や喫煙をやめる。

 

そうすることで体の老化も防ぎ

目の老化予防にもなります。

 

 

充分な睡眠

 

睡眠不足は体を老化させるだけではなく、

血行が悪くなり目の老化を進めることになります。

 

目の働きは自律神経や脳の疲れにも

関係しているので充分な睡眠が必要です。

 

照明に気をつける

 

薄暗すぎても明る過ぎても目は疲れます。

 

部屋全体が均一になるような蛍光灯と、

近くで本を読むような場合には

それを照らすスタンド照明があると

疲れづらいです。

 

スマホやパソコン・テレビなど、

それ自体が明るいものを見る時も

周りを暗くしないで極端にその光だけが

目に入らないように気をつけます。

 

 

まとめ

 

視力の低下を感じ始めても、まだ大丈夫、

と目を酷使してしまう方も多いです。

 

目の機能が低下している状態で見続ければ

目は疲れ・見たものを必死で処理しようとして

脳まで疲れてしまうことになります。

 

無理してメガネを使わないという方も

いるかもしれません。

 

 

ですが早いうちに眼科を受診して、相談して、

目を疲れさせない方法を考えるのも

目の予防になるようです。

 

目がかすんだり疲れたりして

老眼ではなく他の病気による視力の低下、

という場合もあったりします。

 

気になる時は老眼だからと諦めずに

 

[adsense]